家づくりへの想いConsept

家づくりで思うこと

「家づくり」という人生の一大イベントは、一生に何度も訪れません。大きな費用もかかるので、誰もが不安になったり慎重になったりするでしょう。そんな中で、「良い家」を建てていただくため、あさだはいつも思います・・・。

家づくりは施主様と工務店の共同作業

家づくりは施主様と工務店の共同作業です。
だから、あさだ建築は、常にお客様とのコミュニケーションを大切にし、意思の疎通を図りながら家づくりを進めていきます。
最近では、シックハウス問題等、家づくりについて色々勉強をされている建築主様も多くなりました。それでも、専門的なところまでは難しいことが多いでしょう。そんな時は、すぐ、私どもに相談して欲しいと思います。
お互いの疑問や意見を納得するまで話し合い、それをクリアできてこそ、「良い家」が建てられると、あさだは思うからです。

お客様にとっての「快適単価」を追求したい

住宅建築には、さまざまな工程があるため、あれこれ考えているうちに予算をオーバーしてしまうことがあります。建築にかかる費用が安いにこしたことはありませんが、安易にコストを下げる前に考えて欲しいことがあります。
それは、指標を「坪単価」ではなく「快適単価」に持ってきて欲しいということ。お客様のライフスタイルにとって、何が大切で快適か、ということです。むやみにコストダウンするのではなく、下げられるところは下げ、しかしこだわる部分には「快適さ」を追求していただきたい・・・あさだはいつもそう思っているのです。

 お客様の「明確な」ご要望を伺う

予算を含め、「こういう家を建てたい」という要望を明確にお伝えくださると、私どもも要望に沿うご提案ができます。
それには、とことん話し合い、納得していただきながら、具体的なプランを練っていくことが必要だと思います。
着工後でも、気が変わったり、今まで気付かなかったことに気付いたりしたら、すぐにご意見を下さい。
密にコミュニケーションを取りながら、お客様のイメージを確実に表現していくことが、お客様にとっても我々あさだにとっても「良い家」を建てることだと常に考えています。