地震発生によるマイコンメーターの復旧方法。

2012年3月15日 / あさだブログ, すぎぼーブログ

こんにちは、すぎぼーです。

震災以降、日本列島では地震活動が活発化しております。
夕べも、三陸沖地震に続いて、千葉県東方沖地震では最大震度5強。
千葉県では先の震災の時、大規模な液状化現象が起こっており、とても心配です。

さて、上の子供の友人が千葉県の社宅アパートに住んでいるんですが、地震のあと大丈夫かと問い合わせると、特に被害はなかったが、ガス器具が壊れて給湯器がつかない・・・との返事。

あれ?ひょっとしてマイコンメーターのところで遮断してるのでは?

と、私は思いました。

かつて、三重県でも震度4?くらいの地震があった際、自宅でお風呂を沸かそうと思ったのに、給湯器が働かず困った記憶があります。
結局、給湯器の説明書を探しているうちに、マイコンメーターのところで遮断する可能性があるという文字を見つけ、表に出て確認すると、ドンピシャメーターのところで遮断されており、それを復旧すると、難なくお湯が使えるようになりました。

現在ガス器具には様々な安全装置が施されているため、逆にこういったことを知っておかないと、困る事態も。

復旧の方法は各ガス会社さんのHPでも見ることができます。

たとえば東京ガスでは動画付で詳しく説明されております。
http://home.tokyo-gas.co.jp/userguide/anzen/meter/reset/index.html

マイコンメーターごとに若干キャップとかが違いますので、詳しくはHPでお確かめください。
なお、上記の操作はガス臭くないときのみ行ってください、ということです。万が一、ガス臭い時は、地震によりガス管が分断されてたりしますので、すぐにガス会社に通報してください。

◎大阪ガス復旧方法HP http://home.osakagas.co.jp/support/use/point/po_02.html

◎その他のガス会社リンクが載っているHP(日本ガス協会)
http://www.gas.or.jp/link/gaslink.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。