平成24年度から生命保険料控除の税制が変わっております。

2012年10月24日 / あさだブログ, すぎぼーブログ

こんにちは。

あっと気が付けばもう10月も終わり。ここ伊賀市では恒例、上野祭りの真っ最中であります!!
えっ、でももう今年もあと2か月で終わり?

・・・・ということは・・・
扶養控除の申告書と保険料控除の申告等をそろそろ作成しなければいけない時期ですやんねぇ!

ハイ、わかりました今週末には必ず、ひな形をアップいたしますので・・・

ところで、今年度の申告書で、『生命保険料』にかかる税制が変更になっております
必然的に申告書も様式が変わっていて、ざっと見たところ、めっちゃ、煩雑になってまんがなというのが私の印象です

まあ、おおまかに言うと、


生命保険協会様から転載させていただきました

平成24年1月1日以降に契約締結した法令に定めるところの対象生命保険に対しては、

・介護保険料控除が新設された。
・所得税の適用限度額が増額(2万円)。
・ただし、介護保険料の枠が新設されたので、それぞれの(一般・個人年金)の限度額が減額されている。

ということです。

ところがややこしいことに、これは今年1月1日以降に締結した保険に適用、だということ。
それ以前(平成23年12月31日以前)に締結された保険については、旧制度を適用・・らしいです
ところが、旧契約でも、今年に「更新」や「特約の付加」などを行った場合は新制度適用ですって。

うわ~、これは総務泣かせやわ・・・

上記保険協会さんの告知PDFはとってもわかりやすく事例が載っております。

(上記PDFはhttp://www.seiho.or.jp/data/billboard/deduction/pdf/01.pdfから転載させていただきました)

*新制度と旧制度両方で契約されている方の上限は、新制度の金額になりますが、所得税・住民税の配分?上限が決まっていますので、上記リーフレットを見てください。

平成25年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の国税庁のダウンロードページはこちら。

平成24年分給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書のダウンロードページはこちら。

去年?だったかあたりから国税庁の記載例が手引きやHPに載っているんですが、最初パッと見たとき、『すぎぼーの記入例にソックリ』って思いました。
これって偶然?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。