通風勝手口にプチリフォームしました!

2014年6月25日 / あさだブログ, すぎぼーブログ

こんにちは、すぎぼーです

 

ワールドカップは残念な結果に終わりましたよね。強くなったとはいえ、日本もまだまだな気がします。

でも、若い選手もいるし、また次回がんばったらいいよね。

少しの間、日本が一体となって楽しめたのが良かった

 

さて、そんな中、すぎぼーは1日会社をお休みさせていただいて、自宅の勝手口を

汎用ドア →  通風ドア にすげ替えてもらいました~

 

元々は、↓

白いのっぺりとした汎用ドアだったのですが、冬は結露でカビが生えたり、雨の日はこのドアの前で洗濯物を

干すのですが、じめじめして困っていました。

で、一念発起して、勝手口のリフォームをすることになりました。

 

いろいろ施工業者さんと話し合いをした結果、枠はそのまま使って、ドアだけ特注でそっくり同じ寸法のを作ってもらい

すげ替えるだけの簡単な工事にすることにしました。本当は、隣地までの敷地が狭く、引き戸にしたかったのですが、

家の構造上、壁を壊したりする大がかりな工事になるとのことで、あきらめました。

 

でもね、本当に簡単な工事でしたよ。

1時間半くらいで完了しました。ちょっと、ビックリ

扉を蝶番のところから付け替えるだけなんで簡単なんですって。

↑ 違和感なく収まりました。

 

↑ レバーを引きながら、ガラスをずらすと、上と下の隙間が同時にあいて、風が通るようになります。

(網戸は予め、はまっています)

↑ ついでに、ランマのガラスも複層型ガラスにかえてもらいました。アタッチメントがついているので、本当にすぐに

単板ガラスから複層ガラスに入れ替えることができます。

↑ 外から見るとこうなりました。

 

こ~んなに簡単にリフォームできるんだったら、もっと早くしたらよかったな

 

ガラス貼りの通風勝手口にしたら、明るくなってよかったんですが、勝手口が西方向で、夕方になると西日が・・・

外開きのドアなんで、オーニングも張りにくくて。

そこで、ちゃーーーっとオーニングの生地をミシンで縫って、ツッパリ棒ですっぽりガラス部分を覆うカーテン?

を作りました。

この生地だと、日差しを抑え、風は通るんじゃないかと思います。

 

じめじめでお困りの方は、簡単で比較的安価な工法なんで、ぜひ参考にしてくださいね。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。