スタッフブログStaff Blog

和室のインプラスとスペーシア(クール)

2015年3月2日

こんにちは、すぎぼーです

 

もう3月ですね。

寒い日と暖かい日が交互にやってきてます。皆様、お体には十分お気をつけください

 

さて、すぎぼーは自宅の窓の改修を行いました。

以前、リビングにインプラス(二重内窓)を入れたのですが、すごくよくて(結露の軽減・静か)、機会があれば和室もぜひしたいと思ってたんです。

ちょうど、省エネ住宅ポイントも始まりましたし、思い切ることにしました

 

和室には木製の建具(内障子)が入っていましたが、障子紙は劣化でやぶれてくるし、もちろん断熱性は少ないです。

 

内障子をはずした所にインプラスを入れるためには、鴨居の溝を埋め木で処理しなければなりません。

 

敷居の方は溝が浅いので、スペーサーで対処できるそうです。

 

まずは鴨居の埋め木処理をしてもらいます。

 

きれいに埋まりました。

 

写真を撮る間もなくあっという間にインプラスがはいりました。

インプラスの和紙調ガラスは、乳白色で雲のような模様が適宜入っていて、見た目和紙そっくりです。

そこに荒間格子のような格子を嵌めることができるので、和室の木製建具の代わりに使っても、全く違和感がありません。

ちなみにすぎぼーんちはリビングにも同タイプのインプラスをつかっています。和洋を問わずお部屋に合うと思います。

過去の参考記事

インプラス<和紙調ガラス組子付>で和風モダン?(笑)

 

 

色は、当初もう一段回明るい色を考えていたんですが、業者の方が、カラーチャートを当ててくださって、周りの柱とかが日に焼けてて、もう少し暗い方が良いとアドバイスしてくださったので、

キャラメルウッドGにしました。そうしたら、ピッタリ違和感なくおさまりました。正解!でした。

 

黒豆柴のあーちゃんも嬉しそうです

 

台所は、ちょこっと物を載せるスペースがどうしても欲しかったので、ガラス交換にとどめました。

今回使ったガラスは、日本板硝子のスペーシアクールという商品。

実は、(スペーシア)クリアFitとスペーシアとスペーシアクールと3種類見積もりをしていただいたんですが、複層ガラスくらいの性能のクリアFitが、意外とお高く(内窓よりも割高)

それなら、もう少しだけ足してスペーシアクールにしよう・・・・と。

スペーシアクールは、夏の日差しをよくカットし、断熱性も1枚ガラスの4倍だそうです。

うちの台所は、西日が強烈で、前からUVが気になっていました。

 

完成後。乳白色がツルンとしてキレイ。(和紙調ではありません!ので注意

 

スペーシアクールはエコガラス。つぶつぶのスペーサーとおへそのようなキャップがついているのが特徴です。

気になる人は気になるかも?(私は気になりませんが)

付けた直後から、窓際のヒヤヒヤ感がマシ!すごいな~、技術の力!

アタッチメント付きのリフォーム複層ガラスは、分厚さが増すので網戸と干渉する場合があるそうです。

スペーシアは1枚ガラス分の厚さらしいので、網戸とは干渉しません。

 

 

朝の8時過ぎから工事が始まって、10時には工事が完了!

どんだけ早いねん!と思いました(笑)

手軽に断熱性を高めたい方には、強くおすすめします

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。