馬見丘陵公園へ行ってきました。

2015年4月14日 / あさだブログ, すぎぼーブログ

こんにちは、すぎぼーです

 

最近、ホッント雨ばかりですね 家の中もジケジケしますし、何より寒いです。

いつの間にか桜の季節も過ぎ、今では室生口大野のあたりも、すっかり葉桜に・・・・・・

でも、もうすぐ長谷寺や室生寺でボタン・シャクナゲ・・・・・と花盛りの季節がやってくるので、めっちゃワクワクしますね

そうそう、長谷寺と言えば、最近、神社仏閣などで『油のようなもの』を掛けて廻る、バチあたりな人出没するそうで・・・・・

長谷寺も国宝の建物や仁王像、重要文化財の仏像などが被害にあったそうです。

なんちゅーバチあたり!!

木部に染み込んだ油は、取れない?ですよね。本当に憤りを感じます

世間が大騒ぎするのが楽しいのかはしりませんが、歴史ある文化財が傷むと二度と取り返しがつきません。

即刻やめてほしいです。

さて、すぎぼーは前の日曜日の早朝、家の近くの『馬見丘陵公園』(奈良県北葛城郡河合町佐味田2202)という所へ行って来て、チューリップの写真を撮ってきました。

上の子と統一選挙に行く約束をしてたんで、1時間ぐらいしか廻れませんでしたが・・・・・

馬見丘陵公園では4/19までチューリップフェアというのを開催していて、見ごろのチューリップのほか、出店などもでて賑やかな気配です。

駐車場が混むので、駐車場オープンの朝8:00から行きました。(家から車で5分ほどなので

丘陵公園では現在30万株のチューリップが植えられているということで、それはそれは見事でした!!

 

花も丁度満開。今週は寒い日が続いていますので、開きかけた花もひっこんで、今週末くらいまでは見ごろだと思います。

 

同時期に淡路島の方で、『淡路花博2015』という博覧会をやっていて、チューリップもきれいらしですが・・・・

いや、馬見公園も結構穴場です。1年を通じて、いろいろな花木が植えられていて、楽しませてくれます。

↑ 馬見公園のパンフレットから転載させていただきました。

地形が変化に富み、池あり古墳あり・・・・・小学生の遠足にぴったり(笑)

しかも、”タダ!”

 

話が横道にそれましたが、ちょっと現地の写真をば少しだけ・・。

 

↑ 公園のイメージ的存在、公園館(ネーミングがそのまま・・・)

 

 

前日まで降った雨の後のわずかな晴れ間。

朝露に塗れたチューリップはみずみずしくて、早朝にもかかわらず多くの観光客で賑わっていました。

でっかいカメラを持ってきていらした方も多かった!もちろんジョガーも。

 

さあ、これから続く花のシーズン。

そろそろ花粉症も終わりに近づいてきましたので、カメラ片手にお出かけしてはいかがでしょう。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。